小児歯科

乳歯のむし歯

乳歯のむし歯は進行が早く、みつけにくいので発見が遅れやすいです。
またひどくなっても痛みが出にくいのも特徴です。
永久歯や歯並びに影響することもあります。
偏食の原因にもなります。

当院ではむし歯の見落としを防ぐために歯の汚れをしっかり落とし、全体をていねいにみます。
年齢や生活などでむし歯のできやすい場所をさらに念入りにみていきます。
またデンタルフロス(糸ようじ)使用時の感覚でも診査しています。
必要な時期にレントゲンでむし歯の大きさを確認します。

3歳半までのむし歯治療

当院ではむし歯の進行を抑制するサホライドという薬を繰り返し塗って進行を止めます。
その間に生活習慣についての話し合いをします。
3歳半前にむし歯が進行して腫れや痛みが出てしまったら削る治療をします。
その際には安全のためにお子様を抑えさせていただきます。
サホライドを塗りたくない、早く削って治療してもらいたいなどのご要望についてはそれぞれご相談させていただきます。

むし歯治療

むし歯治療に関しては、レントゲンをとり、大きさやその進行状況を確認しながら、お子様の成長も考慮しつつ、治療のタイミングを決めていきます。
乳歯に関しては、他の医院で抜くと言われた歯でも、当院ではできるだけ抜かずに治療します。
歯の詰め物に関しては、ほとんどが歯に似た色合いの詰め物で永久歯に生えかわるまでとれないように治します。

むし歯にならない生活を知る

普段の生活の中で、むし歯になりやすいお子様がいたり、なりにくいお子様がいたりしますが、お母様とよく話し合い、ご相談しながらお子様のための生活方法を考えていきます。